· 

間合い

 先日、ある美術館で開催されている展覧会に訪れたときのこと。

 

 数々の有名な西洋美術作品が展示されるとあって、入場までかなりの列をなしており、僕もその列に加わりギュウギュウ、ジリジリと待っておりました。

 

 しばらくして、やっと展示室に入ることができ、いよいよお待ちかねの絵画鑑賞! と思いきや、すでに展示を眺める人垣ばかりが目にはいるという状況。

 

 トホホ、となりそうでしたが、そこは柔軟に、あっちの人垣がまばらになれば、サッとおもむき、こっちが空いたら、エイッと移動。人垣の合間からも、覗き込んだりして、花から花へ飛び回る〝はたらき蜂〟さながらに、パワフル?!に鑑賞をして参りました。

 

 作品はどれも素晴らしく大満足だったわけですが、実は作品とは全く関係がないところで、気がついたことがありました。

 

 それは人が作る行列の中にみる〝間合い〟です。

 

 入場までは縦(つまり他人の背中を見つめ、他人に背中を見つめられているであろう立ち位置)で列をなします。少しでも前へ行こうとする意識から、こちらに背を向けている、前方の人との間合いを詰めようとし、自分自身もまた、きっと同様の心理から背後の他人に間合いを詰められることで、ギュウギュウとしている感覚となり、ジリジリとしたプレッシャーを感じるわけです。

 

 一方の展示室では、その列が横(自分を含め左右の他人が、みな同じ絵のある方向を見る立ち位置)の並びとなります。お隣さんへの気遣いか、見知らぬ人への緊張から、自分なりの距離感を保とうするので、人垣の出来方のムラ(人が密集しそうになると、ふっと分散する)が、隙間から絵を覗き込むには、程よい間合いとなり、移動を伴う間合いは、会場全体としてみれば、絶えず緩やかに変化するわけです。

 

 おかげでなんとか作品を拝めたわけですが、そういえば随分以前にも似たようなことを、通りすがりに、バス停でバスを待つ人の列に感じたことを思い出しました。

 

 杖を支えに静かに佇むおじいさんを先頭に、愛で周りが見なくなっているカップル、忙しく時計ばかり気にするサラリーマン、すがりつく子をよそに、遠くを見つめるちょっとお疲れのお母さん…。

 

 性別や年齢、立場や事情が異なる他人同士が、横列となっている後ろ姿を眺めていると、そんな人と人の間に作り出された〝間合い〟が、あまりにも絶妙で、しばらくの間、惚れ惚れと見つめていたことがあるのです。

 

 バスに乗るという共通の目的意識で、狭い場に集いながらも、見ず知らずの他人が隣り合うという状況が、気遣いと緊張による距離感を体現し、そうして生じた、当事者同士にしかわからない間合い(距離のバランス)が、ちょうど互いのキャラクターを尊重できるような、ほどよい余白となります。

 

 そしてその余白が、かえって互いを無理なく繋ぎとめ、ある種のデコボコ感をそのままに、一列全体としては〝自然な一体感〟を生んでいたのでした。

 

 その情景は、まるで一列が語る、一行の詩のようで、互いの人生や生活の中の、偶然の出会いが織りなす〝街のいとなみの詩〟とでも言えるような、なんとも不思議な美しさを感じたものでした。

 

 さて昨年末のことですが、アート作品の表現スタイルのひとつとして、絵と言葉を組み合わせ、絵本のように読み進むことで感性の共有を目指したアートブック〝A BOOK~しずかな こえ~〟を〝一冊の作品〟として上梓いたしております。

 

 この本の本編で語られるストーリーの文字は、和文も欧文もすべて、この本の世界観を表現するためだけに制作したオリジナルの文字となっております。

 

 創作のファーストインプレッションはいつも、ストーリーと絵のイメージが、同時に脳裏に浮かぶことが多いのですが、そんなとき、ストーリーをナレーションする声は、いつも僕自身の声のようでもあり、絵の世界を共感してくれる誰かの声のようでもあり、あるいは、絵の世界に満ちる、空気感そのものが語りだす声のようでもあるのです。

 

 この不思議なナレーションを、純度よく再現するためには、ストーリーと絵の両方、それぞれにある〝間合い〟と、じっくり向き合うことになるわけです。

 

 ひと言のうちに感じる、いち音ごとの息遣いやその印象に、フォルムを見出そうとする行為は、文字のデザインというよりはむしろ、〝見えない声の姿を描く〟感覚に近く、それは紙やカンバスに向き合うときの情感的な体験でした。

 

 文字のことを英語で〝character(キャラクター)〟とはよく言ったもので、いち音ごとの個性をとらえ描き出し、そして、隣り合う文字と文字の間に必要な気遣いや、生じる緊張を汲み取りながら、絶妙な間合いを探り出します。

 

 そうして出来た文章という列には、そうあの〝自然な一体感〟が芽生えるわけです。

 

 もしも、この本を手にしていただいいて、ゆっくりとページをめくっていくうちに、文字から聞こえるような、絵から聞こえるような、あるいは絵本を眺めている自分自身の声のような…あの不思議なナレーションが、どこからか、静かに聞こえ始めたなら、こんなに幸せなことはないなぁと思うのです。