· 

愉快の種

 僕は果物全般が大好きで、季節ごとに店先に並ぶ旬の果物を、妻の買い物に付いて行っては、横からねだります。

 

 いまどきバナナは店頭で、通年商品のレギュラーメンバーですから、いつもそこあるとなると、つい旬のメンバーを優先しがちになります。それでも、バナナは僕の大好きな果物ベスト3に入るので、思い出したようにドサっと購入することもしばしば。

 

 ご存知の通り、バナナはしばらく寝かせておくと甘みが増すのですが、そのシグナルとして、皮の表面に黒い点々が出てきます。したがって、バナナ好きとしては、翌日から、愛しの黒い点々を待ちわびる日々が始まるわけでして、朝、起き抜けに、妻にまだ早いわよと、たしなめられつつも、バナナの“覚醒”を確認するのが日課となります。

 

 さて、話がかわって、普段の暮らしの中には、心の虫眼鏡でジッと観察してみると、クスっと笑ってしまうような、実に多くの“愉快の種”が落ちていることに気がつきます。

 

 しかもそのほとんどが、羞恥心や執着心、緊張やタブーといった、なんともリアルな状況の中に紛れているから、ようく目を凝らす必要があります。

 

 例えば、ある早朝のこと、取引先へ緊急のメールを打つ際に、「成澤(なりさわ)ですが…」と書き出したいところを、急ぐあまり「馴れ初め(なれそめ)ですが…」と打ち間違い、朝から随分とプライベートな扉を開けそうになったことに、焦ってデリートキーを連打してみたり。

 

 別のあるお昼どき、懐石料理店で取引先の方と、やや込み入った打ち合わせをしながら昼食をとっているときのこと。綺麗な着物を召した店員さんが、テーブルに「ご飯はおかわり自由でございますので」と言って立ち去った、ほんの5秒後に、違う通りすがりの店員さんが、「ご飯はおかわり自由ですよ」と…。

 あ、ありがとうございますと(テーブルの誰もが、内心もうわかりましたよ、という気持ちを込めた)笑顔で見送った、その直後、ハツラツとした店員さんが、とっても元気に「みなさん!ご飯は…」と、なったときの困惑と、笑顔が消えたテーブルのやや緊迫した雰囲気などは、人知れず、なぜか笑いの真髄を見たようにさえ思うわけです。

 

 そして話はバナナにもどります。

 

 来る日も来る日も、バナナに(早よう甘くなっておくれよ…)と拝むような気持ちで、見つめ続けていたある朝、とうとうその時がきたのです!

 待ちに待った甘~いシグナル、そう、愛しの黒い点々が浮き出て来たのです。ウキウキしながら、さぁてどれから食べようかと目を細めていると、

 「……?」

 そこには、可愛らしいバナナの顔。それでいてちょっぴり大人びた笑みが…。文字にすると、きっと“苦笑”といったところでしょうか。

 こんなかたちで“覚醒”したバナナの微妙な表情を見つけ、しつこく迫った自分の愛の重たさにハッと気がつき、ちょっぴり恥ずかしくなりました。