· 

大きな背中

 まるでスローモーションのように見える瞬間。

 

 ある種の効果を狙って多用される映画の中のワンシーンや、読みふける小説の世界観に没入しているときなど、おおよそそんな経験の中で、このまるでスローモーションのように見える瞬間、というのを理解することが多いのではないでしょうか。

 

 先日までは僕もその一人でしたが、いやいや本当に、スローモーションは起こる!という出来事がありました。

 

 ある曇り空の日。東京都内の大通りを、打ち合わせ先に向かうべく、歩いて移動していたときのこと。少し時間が押しており、次のミーティング内容を頭の中で整理しながらの早歩き、つまり忙しい状況でそれは起こりました。

 

 顔のすぐ左そば、そう、ちょうど手を繋いで誰かと歩いているほどの距離に、黄色い蝶が突如現れ、そんな僕をゆっくりと追い越して行ったのです。だれか人のような気配を感じ、振り向こうとした、一瞬の出来事でした。その瞬間が、なんと永く感じたことか…。

 

 蝶にゆっくりと追い越される、という体験は初めてで、ほんの数秒間、ごく至近距離で、蝶と並走したわけです。

 

 本来なら蝶は、目で追うのが大変なほど、忙しそうに全身で羽ばたき、距離を保って飛んでいるようですが、その時はなぜか、僕の左目の数十センチのところまで、さらにグッと近づいてきました。

 

 そして優雅な手招きのように、こちらを意識した(ような)ゆったりとした動きとして感じたのです。はばたく羽根の文様まではっきりと見える(ような)、つまりスローモーションで…。

 

 羽に煽られた、微かな風の動きを、頬に感じたような気さえしたのですから、ちょっと驚きです。

 

 その後、この黄色い蝶は、こちらに背を向けながら、付かず離れずを保ち、歩く僕の目線を、自分自身に誘導するかのように美しく舞い、そして先へ先へと揺れながら、いつしか上空のどこかへ消えていったのです。

 

 その情景は、ビルが建ち並ぶ、巨大な都会のグレーに紛れた、ひとひらの雪灯りのようで、ちょっと癖になる(また出会いたくて、ついつい探してしまう)白昼夢のような出来事でした。すでに歩みの速度は、先ほどまで抱えていた気ぜわしさが、嘘のように散歩程度の速度にスローダウン(打ち合わせ少し遅れごめんなさい)。

 

 さらに、この体験の驚きには、実はちょっと続きがあります。

 

 蝶を見失ったあとの都会のグレー。この見慣れたいつものビル群が織りなす、グレーの色調が、なぜか、いつもより、格段に美しく感じたのです。

 

 蝶が、日常に慣れようとする感度を、優しく揺らし呼び覚ましてくれたようで、あの小さな蝶の大きな背中には、感謝ですね。