· 

まじない師

 とある街で見る、いつもの出来事。

 

 そこは個性的でオシャレなお店が建ち並ぶ人気の街で、平日から賑わうのですが、土日ともなれば家族連れも加わり、道々がかなりの混雑を呈します。

 

 長いアーケードを通り抜けるには、すれ違う人に気をつけないといけませんので、生真面目な人ほど、四方八方へ向く楽しい気持ちと、真剣に前方を注意しなくてはいけない気持ちが、拮抗するからか、怒って笑っているような、妙な表情になって歩く人もチラホラ。

 

 しかし、ある店先を通ると、決まってそんな表情に明らかな変化が。ちょっと嬉しいことがあったような、あら!という顔になり、少しだけ歩く速度が緩まります。さらには、用もないのにちょっとお店を覗いてみようか、という気になるのですから不思議です。

 

 さてその理由は…。

 

 それは炒った茶葉の香り、つまりほうじ茶を作るときにでる、あの香りです。

 

 この甘くて香ばしい匂いは、店の奥から漂い、店先から数軒先まで効果を発揮しているようで、老若男女問わず、みな内心魅了されていることが、この店先にいると、なんとなく分かります。

 

 店内をウロウロと徘徊していると、目が会う他人様と“あなたもそうですね”と、瞳の奥に平和的な何かを感じる(ような気がする)わけです。

 

 こんな経験をしたからか、いつしか我が家では、少し気分転換をしたいときや、リラックスをしたいときには、茶葉を炒って香りを楽しむという習慣ができました。

 

 もう何年も使って黒焦げになった小さなミルクパンに、茶葉をひとつまみ火にかけ、から炒りするのですが、油断するとすぐに焦げてしまいますので、目が離せません。でも加減さえ心得れば、茶葉の甘く瑞々しい香りと、懐かしいような焚き火の香りの“立ちどころ”のような瞬間が、つかめるようになります。

 

 頃合いをみて火から外し、煤まみれの煙立つミルクパンを片手に、軽く揺すりながら、部屋中にこの香り置いて回ります。

 

 こぼさぬように真剣に…

 でも良い香りを一身に浴びて幸せそうな…

 

 やっぱり妙な表情で小走りに各部屋をめぐる姿から、怪しいミルクパンのまじない師と呼ばれてしまうわけです。