· 

色の渚

 紙版画作品を制作する際には、いくつかの“山場”があるのですが、そこをうまく通過できるかどうかで、完成の成否が決まります。

 

 最初の難所は“色づくり”。版画用絵の具を、イメージする色に近づけるべく、微妙に混色しながら調色していくわけですが、これがほとんど一日がかりの作業。自然光の元で地道にインクを練り続け、用意した紙片で試し刷りを繰り返すのです。

 

 茫洋たる色の世界から、歴然たる自分の色を見つけ出す作業なのですが、それなりの色ができたとしても、翌日の本番刷りではうまく再現できずに、すべての工程をいちからやり直し…という悲しい結果もよくありますので、色づくりは最初の山場となるわけです。

 

 好きで始めた作品づくりですが、あまりにもこの調色(色作り)が酬われにくく、なんとか楽(らく)して色が作れないかしらと、小ずるいことを色々と考えるだけ考えるのですが、そうはいかず、はぁ…結局インクをいつも練っています。

 

 自分の中では、こんなにも手にしたい色がはっきりとしているのに、手元のインクときたら、よせてはかえす波のよう。ほんの少しの加減で変化し、ゴールが手の中をすり抜けるのです。

 

 さてそんなある日の昼下がり、部屋の白い壁をぼんやり見つめながら考え事をしていたら、おや?!目の前の壁が決定的なことを教えてくれたのです。

 

 この季節、昼の光は黄味をおび、さらにカーテンに漉されることで、部屋中に拡散したその光は安定し、白い壁や天井を浮かび上がらせるように、柔らかく照らしていたのですが、ぼんやり見つめていると気がつかないほど、微細に、それでいてドラマチックに、実は刻々と光の色が変化していたのです。

 

 変化の連動が、あまりにも柔らかく、滑らかだったので、数分ほど凝視しなくては、簡単には気がつけないほど。

 

 実際にこの変化は、太陽の前を横切る雲や鳥、通りを走る車の色などが光に影響を与えていたのですが、この見えている(=わかっていると思っている)中にある変化は見えていないという体験は、衝撃的でした。

 

 自分の中でははっきりとしている、と思い込んでいる色のイメージは、じつはこうしている間にも、それが想像の世界であっても、一分一秒ごとに、何かの影響を刻々受け続け、微妙に変化し続けているということを発見させてくれたのです。

 

 イメージした色は、絶えず変化し続けており、必ずしも絶対ではない、ということがわかれば、難儀する色づくりのその理由が腑に落ちるわけです。

 

 そしてそれ以来、色づくりという山場は、色の渚に戯れる楽しい時間となったわけです。