· 

音色

 先日体調を崩し数日の静養を余儀なくされたのですが、白い天井をみつめる毎日の中で気がついたことがありました。デザインや作品制作の作業場と、生活の空間が一緒なものですから、妻が忙しく動いている気配が伝わってくるわけです。

 紙を捲る、イスを引く、電話に出る。宅急便を受け取る、荷物を開封する、お礼のメールを打つ。鍋に火をかける、食事をよそう、忍び足でこちらの様子を窺う…。

 彼女はそんな生活音を病人相手に申し訳ながるのですが、こちらとしては、どうかお気になさらずに…と。

 これまでもそうだったな、と気がついたのが、この生活が奏でる音には、ときにつらい気分を癒し、安らげてくれるということです。ほんの少しだけ離れた場所から、いつものように食器を洗う音や、アイロンをかける音が聞こえてくると、考えが煮詰まり、つい目先や手元ばかりに注意がいきがちになる意識を、ふわりと玄関先くらいまで逃がしてくれます。こんな気持ちにさせてくれる音は、生活音とはもう呼べず、“音色(ねいろ)”となっているのでしょうね。

 さて、じっとみつめつづけた、白い天井。はじめは退屈なだけの寡黙な相棒でしたが、身近な音色が日常の情景をそこに映してくれ、安らぎを得たのですが、実は人知れず大切なことも教えてくれました。それはこんな音色が、かすかにでも良いから聴こえてくるような、作品づくりをめざそうということ。寡黙な相棒では、どんなに好きでも一週間で飽きてしまいますものね。

 

 さて、はじめてのブログとなりますが、記念すべき1回目なのに病床のお話しでして恐縮です。作り手の性(さが)でしょうか、病に伏しても、食事をしてても気になることを、絵でも言葉でも、なんでもかんでも描き留める小さな小さなスケッチブックが手放せず、数年来の習慣のつもりでしたが、気づけばほとんど習性になってしまったような有様です。あまりにも主観的な内容ばかりでして、重ねて恐縮いたしますが、どなたかの嗜好のひとつになれれば幸いと、不定期ではございますが、作品の前後左右を言葉で「Sketch」していきたいと思っております。